-----   NEWS・INFORMATION   -----

中国における日本食品の産地偽造問題について

先日、中国国営中央テレビが3月15日の「世界消費者権利デー」に合わせて放送した特別番組で、日本の食品が中国で産地名を変えられて販売されている実態などを取り上げられました。

中国では、東京電力福島第1原発事故後に福島、宮城、茨城、栃木、群馬、新潟、長野、埼玉、千葉、東京の日本国内10都県の農林水産物・食品を全面輸入禁止の処置を執っており、10都県以外の物にも、放射性物質検査証明書の添付を義務付けるなど、厳しい規制を続けていおります。

弊社が中国にて輸出販売する全ての食品においては、中国国家質量監督検験検疫総局の規定を順守し、一切の偽りなく原産地証明書や検疫証明書を取得しておりますので、国内製造メーカー各社様及びお客様各位におかれましては何卒ご安心くださいませ。

今後も私たちは、日本の「おいしい」を世界中のたくさんの方々に伝えていく所存でございますので、これからも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。